リチャード ロビンソン


リチャード・ロビンソン氏はリチャーズイージーイングリッシュスクールの創立者であり、経営者でもあります。英会話スクールの経営者であるほかに、信州大学で評判の講師でもあります。リチャード・ロビンソン氏は講師であるだけでなく、小、中、高校の英語教師の指導者でもあります。長野県の上田市では教育委員会を通 じ、小中学校で英語教師の指導にあたりました。また松本市では高校教師へのトレーニングにも携わりました。大きな挑戦であっ たことのひとつとして、自衛隊への講義を行ったことがあります。民間企業、サンヨーなどの企業や医療分野でも社内トレーニングに携わっています。現在 では松本市で最大の私立病院である相澤病院で公式の英語講師をしています。英語教育に加え、アメリカ有数の企業でのビジネスや営業、さらに広報活動、PR・マーケティングに関し25年を超える経験があります。ロビンソン氏は企業経営において成功を収める術を熟知し、最高管理職者へのプレゼンテーションの指導者としても知られ ています。日本へ移住する前は、アメリカで一流校であるUCLAより、インターネットマーケティングの顧問として大規模な1年間の事業の契約を交わしまし た。長年の夢であった訪日を果たし、現在は日本に在住しています。彼の母の親友は日系アメリカ人であり、彼のゴッドファーザー(名づけ親)もまた日系アメリカ人です。自然やスキー、湖 のほとりで釣りをこよなく愛する彼は、長野県へ移り住むことを決意しました。また、温泉が大好きで、本人がよく言う、「ヤキ」ものも好物です。ーヤキそば、ヤキ肉、ヤキ鳥、すきヤキーとにかくヤキがつけばリチャードは大好きです!その他日本食も大好きです。彼は日本を好み、日本での英語教育にも情熱を持っています。